通販食品業界ニュース1月25日号

「コロナ禍でますます広がる通販市場」

コロナ感染者の拡大により、改めて通販食品市場が活況となっています。在宅勤務によって商品の受け取りが可能になったことで、今まで利用しなかった若年層や共働き層まで利用が拡大、週末のみの利用であった方々が平日も利用する等、“必要な時”から“何時もの利用”に定着してきています。様々な産業からの食品サイトへの参入も増加が続いています。今こそ「通販食品展示商談会」で、販路開拓のパートナーを見つけてみませんか。

 

「越境EC戦略に補助金」

経済産業省・中小企業庁は、越境ECサイトに出品する際の販売戦略への支援を3月下旬から開始、越境ECサイトに掲載する商品の販売戦略に係る経費に500万円迄を補助するとしています。「通販食品展示商談会」でも越境ECの来場者が増加しており、初開催となる大阪会場でも神戸等から多くの輸出に係るバイヤーを招聘予定です。良いパートナーを見つけて、適切に国の補助も利用し、日本の食を求める海外の皆さまへアピールしましょう。