通販食品業界ニュース2月16日号

「通販食品展示商談会 大阪」、夏以降の物日に向けた期待

コロナウィルス感染者数の増加によって、開催日程が1か月延期とさせていただいた「通販食品展示商談会 大阪」ですが、バイヤーの皆さまにとっては、夏以降の物日への特集に向けて、間に合いますとのことでした。何より、反動需要を期待されており、活発化してくる旅行需要、外食需要等と合わせてサイトの特集を構築していきたいとのことでした。「通販食品展示商談会 大阪」で、ぜひ反動需要をキャッチしてください。

 

根強い健康需要への提案を求む

通販バイヤーのご意見では、コロナ後も健康需要に変動はなく、「カラダの中から美しくなりましょう」等として、食の提案を充実させていきたいとのこと。メイン素材はもちろん、添加物にもこだわりを求めていきたいとのことでした。そして、健康食とは云え、出来る限り美味しく食べたい商品であってほしいとのこと。「通販食品展示商談会 大阪」で、ぜひ根強い健康需要をつかんでください。

前の記事

通販食品業界ニュース2月10日号

次の記事

通販食品業界ニュース2月22日号